社労士試験 効率的 勉強法

社労士試験に効率的に合格する勉強法

社労士試験に効率的に合格する勉強法

私は合格前から合格した後の今までに、数え切れないほどの社労士合格体験記や合格マニュアル(メルマガなど)を読んできました。

 

そして、社労士試験に限らず、資格試験に合格するために必要な重要なポイントが大きく3つあると思うようになりました。

 

この3つのポイントはとても重要で、合格を左右するものであるにもかかわらず、残念ながら多くの受験生ははっきりと意識することなく本試験を迎えていると思います。

 

それは、

 

  1. テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
  2. いかに勉強を継続するか
  3. 解答の確率論を理解しているか

 

さらに、他にも社労士試験に合格するために必要な勉強法について書いていきます。

 

矢印テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか

 

矢印問題集はまず解かない

 

矢印いかに勉強を継続できるか

 

矢印合格の確率論を理解しているか

 

矢印直前期の過ごしかた

 

矢印模擬試験は何度も受けろというけれど・・

 

矢印確実な知識の積み上げに専念する

 

矢印社労士試験の難易度を自分で決めつけていませんか?

 

矢印社労士試験に合格しやすい人の資質とは?

 

矢印合格体験記を読もう!

 

社労士試験に効率的に合格する勉強法記事一覧

試験勉強の王道 テキスト中心学習は正解か?

一般的な受験生であれば、通常はテキストをじっくり読んで理解を深め、それから、あるいは同時に問題演習を行なうという流れになると思います。この学習方法を私は「テキスト中心学習」と呼んでいますが、多くの社労士受験生はこの学習スタイルが当たり前だと思っていますから、ここに大きな分岐点があるとは思ってもいない...

≫続きを読む

 

社労士合格脳になるために 問題集はまず解かない

ここでは、具体的な社労士問題集の解き方について書いていきます。問題集を解く場合に、「テキストで学んだことを問題演習で実力試しする」という社労士受験生が多いのですが、それは大きな間違いです。まず、初回のときは、問題を解くという意識を捨てて下さい。この段階でへたに問題を解こうとしてもまったくできなくてシ...

≫続きを読む

 

いかに勉強を継続できるかが社労士合格の大きなカギ

どんなにすばらしい能力やテクニックがあっても、継続して勉強ができなければ勝利の女神は決して微笑んではくれません。これは、社労士試験勉強に費やす時間が十分にある方にも、仕事や家事・育児などと勉強を両立させなければならない環境の方にも十分当てはまることです。いろいろな社労士合格者と話しをしていても、モチ...

≫続きを読む

 

社労士試験合格に必要な確率論を理解してない受験生が大半

いくら試験勉強を重ねても本試験で満点を取ることはできません。受験予備校の専任講師でさえ、本試験の問題を何人かで取り囲んで正解を出すほどですから、一受験生がすべての社労士問題をコントロールできるはずがないのです。でも、実際には知らず知らずのうちに満点を取りにいくような勉強方法になっていないでしょうか?...

≫続きを読む

 

社労士試験直前期の過ごしかた

直前期はさまざまな気持ちが交錯しますね。自信と不安が交錯します。いや、不安ばかりでしょうか。社労士試験の範囲の広さに嘆き、暗記項目の多さにウンザリするばかり・・・。模擬試験を受けてショックを受けたり、計画通りにいかない勉強の進行状況に、ついつい今年はダメなんじゃないかと弱気になってしまいがちですね。...

≫続きを読む

 

社労士合格に模擬試験の受験は必須?

「模擬試験は数多く受けたほうがよい」と書いてある合格体験記はよく目にします。さらに、受験するだけではなく、復習が大切なのだと・・・。たしかに、5つも6つも受けて十分復習できる人はそれでよいのでしょう。わたしの場合は社労士通信の受験パックでしたので模試2回分がセットで付いていました。しかし、そのうち1...

≫続きを読む

 

確実な知識の積み上げが社労士試験合格のポイント

問題を解く際に、消去法で解く場合は多いですよね。そのときに、どこかで見たことがある内容だけどはっきり思い出せないという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。じつは、このような知識は百害あって一利なしだと思います。わたしの例を申し上げると、受験一回目のときは本試験の択一式の正解率というのはおよそ...

≫続きを読む

 

社労士試験の難易度を自分で決めつけていませんか?

社会保険労務士試験というと、簡単には合格できない、難易度の高い国家試験というイメージを持たれる受験生はとても多いと思います。実際、私もそうでしたし・・・。確かに、平成27年度の社労士試験は鬼の2.6%という信じがたい合格率でした。それまでが低くても5%台でこれは例外という見方だったので、社労士受験業...

≫続きを読む

 

社労士試験などの難関資格に合格しやすい人の資質とは?

「どんな人が合格しやすいですか?」と聞かれたら、わたしなら次の2つの資質を持った人を挙げたいと思います。ひとつは、必ず合格するという強い思いを持っている人です。この、合格への気持ちを強く持っている人は、それが強ければ強いほど、試験に関しておおよそのことは解決してしまいます。多少、勉強方法が間違ってい...

≫続きを読む

 

社労士試験の合格体験記を読むのは役に立つ?

社労士合格体験記を集める意義とは?ただ、分厚いテキストを読んで、それが済んだら問題演習・・・。そのような学習方法を考えている社労士受験生も多いと思います。これまでの学校生活で慣れ親しんだ勉強法ですから無理もありません。しかし、この勉強方法は、テキスト読みの段階で、残念ながら大抵の場合挫折します。仮に...

≫続きを読む

 

社労士試験の択一式が30点台だった方へ

30点台の感触は?私の社労士試験受験1回めの択一式の点数は36点でした。ほぼ5割の得点率になります。合格ラインには遠く及ばず、確信を持って回答できた問題はほとんどなく、受験終了時には何点とれたか全く予測できないほどでした。あきらかに実力不足からくる敗戦でした。一方で、見たことがある問題もいくつか出題...

≫続きを読む

 

社労士通信講座の教材がこなせないときは

実際によくあるケースです。通信講座で定期的に教材が送られてくる場合、一度つまずいてしまうと、どんどん未消化の教材が溜まってきてしまい、やる気をなくすという悪循環に陥りがちです。この場合、特に、勉強のモチベーションが下がることがいちばん大きな問題なのです。通常、いくつかの講座がセットになった総合講座を...

≫続きを読む

 

社労士科目の勉強で疑問が出た場合の解決法

私にも経験がありますが、細かなところまで勉強が進んでくると、さらに細かなことが疑問として出てくるものです。通信講座の質問制度を利用して何度も質問を繰り返す受講生でした。しかし、試験終了後、質問と回答を読み返してみると、合否には直接関係しないようなとてもマニアックな質問が大半で大いに反省しました。確か...

≫続きを読む

 

社労士試験の難関−年金科目が理解できないときは

年金科目は制度の概要が把握できていないと、問題演習が思うように進まないかもしれませんね。しかし、すでに答練も経験され概要を把握できているのであれば、問題演習中心でいいでしょう。年金科目は地道に学習していると、ある日突然わかるようになるという合格者がいますが、わたしの経験ではそのようなことはありません...

≫続きを読む

 

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

 

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


 

   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 効率的に合格する勉強法 通信講座の選び方 各通信講座の評価・比較