社労士試験 直前 勉強法

直前期の過ごしかた

社労士試験で大切な直前期の過ごし方とは?

直前期はさまざまな気持ちが交錯しますね。

 

自信と不安が交錯します。いや、不安ばかりでしょうか。
社労士試験の範囲の広さに嘆き、暗記項目の多さにウンザリするばかり・・・。

 

模擬試験を受けてショックを受けたり、計画通りにいかない勉強の進行状況に、ついつい今年はダメなんじゃないかと弱気になってしまいがちですね。

 

やらなければならない教材はいっぱいあるけれども、まだまだ手付かず。

 

そんな方が多いかもしれません。

 

合格者は雲の上の人?

私が社労士試験の勉強を開始した最初のころ、ある社労士受験予備校で合格者の受験勉強の体験談を聞く機会がありました。

 

まだ若い女性の方でした。
話された内容は全く覚えていませんが、初学者の私にとって、とにかく「光り輝く遠い存在」でした。

 

きっと、ずっと猛勉強をしてきて、取得した知識もすごいのだろうな・・・などと考えながら話しを聞いていました。

 

まさに「雲の上の存在」でしたね。

 

ところが、いざ自分が合格してみて、このイメージはかなり変わりました。

 

その若い女性の方はすばらしい実力だったのかもしれませんが、私はといえば、ひたすら自分で決めた最低ノルマの詰め込みを試験の前日までやっていた、余裕のカケラもない受験生です。

 

本当はもっとやりたい箇所がたくさんあったのですが、最低ノルマの範囲までしか仕上げることができなかったのです。

 

それでも、合格ラインは大きく超えていました。

 

合格者は自分よりはるかにできる人ではなく、同じように苦しみ、難問が出れば頭を抱えているのです。

 

まずは、合格者といえども遠い存在ではない・・・しっかりポイントを押さえれば手の届く身近な存在だと思ってみませんか?

 

もちろん、勉強もせず簡単に受かる試験では決してありませんので、念のため。

 

社労士受験直前期に避けたい学習パターン

ここで、私が失敗した受験1回目の直前期の学習パターンをあげてみましょう。

 

 1.今までやってきたテキストがこなせそうにないので、総まとめ的なテキストを新たに買い求め勉強を始める。
 2.合格する自信を持てないまま、今まで手がけてきた教材の総復習とともに新しい出題範囲も合わせ幅広く取りかかる。

 

戦略のないまま、また自信が持てないまま、貴重な直前期を過ごしてしまいました。

 

しかし、2回目の挑戦のときは、直前期の過ごしかたは1回目と大きく変わっています。

 

直前期の社労士試験対策法

わたしが合格した年の社労士試験のことです。

 

この年は、「社会保険に関する一般常識」(以下、社一)の択一式が、健康保険や年金からの出題ばかりで、国民健康保険法やら児童手当法など社一の法律科目がまったく出題されませんでした。

 

健康保険や年金で学習した知識で十分解ける問題ばかりだったのです。

 

わたしは「社一」をそれなりに勉強していたので、まさに肩透かしをくらった感じでした。
正直、一生懸命やってソンしたなと思いましたね。

 

同時に、わたしは思いました。

 

「社一まで手が回らずまったく勉強できなかったけれど、この出題だったので助かった」
・・・そんな合格者も間違いなくいたはずだと。

 

 

 

一般的に、まったく手付かずの科目があれば合格をあきらめても不思議ではありません。
しかし、あきらめずに受験しさらに合格するまでに至ったというのは、社労士試験に合格したいという強い気持ちがあったから。

 

そして、最後まで合格をあきらめなかったというところにあると思うのです。

 

一番まずいと思うのは、半分あきらめながら勉強している人です。
あれもこれも最低限ここまではやらないとまずいだろうという発想で、結局どれも中途半端になってしまいがちです。

 

こうした場合、自分でも合格できるんだという自信が持てるような勉強を心がけないとなかなか自信は生まれてこないと思います。

 

そして、自分の置かれた環境、自分の実力を客観的にみて、最も合格する可能性の高い勉強法を選択しなくてはいけません。

 

では、どのようにこの直前期を乗り越えたらいいのでしょう。

 

それは、

 

「不確実な知識を確実なものにする」

 

これこそが社労士試験合格に不可欠で、これだけで大幅な得点力アップが見込めます。

 

あきらめずに、できる範囲を確実を抑えていくことしかありません。
そして、確実な知識をほんの少しずつ蓄積していった結果が社労士試験では合格につながるのです。

 

勉強が進んでいないと感じる人は、往々にして、勉強の範囲を広げてしまいがちです。
本試験レベルの問題を解いて、全く歯が立たない場合など、特にそう思ってしまいがちです。
「こんなに細かい知識が要求されるのか?」と。

 

そして、ついつい手を広げてしまうのですが、実際には不確実な知識が増えるだけで、実力はほとんど伸びないんですね。

 

どこかで見たことがある問題だけど、はっきり覚えていないという知識だけが増えていくので、問題の正誤の判断が結局できないのです。

 

実力を伸ばす一番の勉強は、確実な知識を増やしていくこと、これに徹底したほうがいいです。

 

これから、本試験まで自分がやれる範囲のことを完璧にする。確実な知識となるまでひたすら繰り返す。
直前期にはまずそのことに専念して下さい。

 

手を広げるのは、それからでも十分です。
この加減というか、順番というのか、そのあたりがとても大切なんですね。

 

長い期間費やしてきた学習期間で得た知識は、実際に社労士試験の本試験で使えるようにしておかなければいけません。
直前の1ヶ月あるいは1ヶ月半の期間では、知識の総整理をおこない、「確実に使える知識」にしておく必要があります。

 

私の場合、直前期に、すでに一度仕上げていた答練の総復習に入ったところ、前に学習したことをかなり忘れてしまっており大変焦りました。

 

そこそこ知識が定着しているものと思っていましたので、ショックでした。
完全に計画が崩れてしまったのです。

 

しかし、迷っているヒマはありません。
他にも法改正、白書、一般常識などやるべきことは山ほどあります。
テキストの読み込みも当然やるべきだと思っていました。

 

しかし、これまでにやった問題だけでも相当の量があり復習にも時間がかかります。

 

そこで、すでに学習を始めていた「直前の社労士総まとめ講座」は思い切って切り捨てることにしました。
この講座は、パック講座にセットになって付いていたものなので、単独で購入したものではありませんでしたが、単独で申し込めばたしか3万円以上はする代物でした。

 

「もったいない人間」のわたしとしては、泣く泣く切り捨てました。

 

その分、いままで手掛けてきたもの、特に答練の問題だけはとにかく完璧にしようと決意しました。 そして、ひたすらできるようになるまで繰り返しました。

 

それまでは最大で1日5時間勉強するのが限界でしたが、直前1ヵ月の期間は平均すると6時間ほど勉強し何とか詰め込みました。

 

怠け者のわたしにとってはつらい日々でした。
早くこの苦しい時期がすぎてほしいと願いながら勉強したものです。

 

恥ずかしい話しですが、
結局、テキストを読み返すこともできず、社労士試験の本番を迎えました。

 

しかし、答練などこれまで手掛けた問題だけは、なんとか本試験前日にやっと正解率100%にしました。
テキストを読んでいたら、おそらくどちらも中途半端になったでしょう。

 

結果はといえば、合格ラインを大きく上回る得点を取ることができ、自分でもびっくりしました。

 

わたしはこの時期に、合格に不可欠な得点力という大きな武器を身につけたのだと思っています。

 

 

社労士学習 計画どおりにいかない

そもそも、余裕のない計画を組んでいないか考えてみることです。
生活していれば、色々な雑事が入ってくるわけで、社労士の勉強だけしているわけにはいきません。

 

仮に、社労士の勉強だけしていればいい環境だったとしても、「今日は勉強する気になれない」日だってあるはずです。

 

自分を追い込むのはよいことかもしれませんが、一度計画が崩れると脆いものです。
そこで、学習計画は余裕のある計画にしましょう。

 

私の場合は、週に1日は予備日を設けて基本オフの日を設定しました。

 

あと、連続3時間なんて普通は集中して勉強できませんから、よく言われますが、細切れ時間を使うことです。
5分でも問題が何問か解けます。

 

また、直前期は文句いわずに、一心不乱に勉強することです。
多少、学習計画に遅れがあっても、この直前期の頑張りで取り戻せますし、この時期の勉強が最も実力が付きます。

 

 

次は模擬試験の受け方や回数などで私の考えをお伝えしたいと思います。

 

矢印 模擬試験は何度も受けろというけれど

 

 

 

矢印  試験に合格する勉強法 に戻る

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

 

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


 

   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


関連ページ

テキスト中心学習は正解か?
社労士試験の勉強法−テキスト中心学習か問題中心学習か?
問題集はまず解かない
社労士の勉強で、どれだけテキストを繰り返し読んでも問題集が解けないわけは?
いかに勉強を継続できるか
社労士試験合格で最も大切なもの−いかに勉強を継続しモチベーションを維持できるか?
合格の確率論を理解しているか
社労士試験に合格する勉強法−合格の確率を上げる方法について−
模擬試験は何度も受けろ?
社労士模擬試験の受け方や回数、復習の仕方などについて
確実な知識の積み上げに専念
社労士試験において確実な知識の積み上げが高得点の秘訣。8割超の合格点をたたき出した合格請負人の勉強法とは?
社労士試験の難易度
『社会保険労務士試験は難しい』社会保険労務士試験に合格するには、1年の勉強期間では難しい。そんなイメージが先行していますよね。
合格しやすい人の資質とは?
社労士試験において合格しやすい人には一定の特徴があります。
合格体験記を読もう
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。
択一式が30点台だった方へ
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。
教材がこなせないときは
通信講座で定期的に教材が送られてくる場合、一度躓いてしまうと、どんどん未消化の教材が溜まってきてしまい、やる気をなくすという悪循環に陥りがちです。
疑問点の解決法
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。
年金科目が理解できないときは
年金科目は制度の概要が把握できていないと、問題演習が思うように進まないかもしれませんね。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 効率的に合格する勉強法 通信講座の選び方 各通信講座の評価・比較