社労士試験 勉強法

確実な知識の積み上げに専念する

問題を解く際に、消去法で解く場合は多いですよね。

 

そのときに、どこかで見たことがある内容だけどはっきり思い出せないという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

じつは、このような知識は百害あって一利なしだと思います。

 

わたしの例を申し上げると、受験一回目のときは本試験の択一式の正解率というのはおよそ5割でした。
5割の得点というと、そこそこできたという印象が無きにしもあらずですが、実際は勘で解答するしかない問題が次々に出てきてどうしようもなかったというのが実感です。

 

しかし、失敗したこの一回目の受験でも、「どこかで見たな」という内容もいくつかあったことを記憶しています。

 

実は、ひと通りテキストの内容を読み込んで いざ問題演習をスタートしてみると驚くほど問題が解けないことに愕然としてしまう・・・

 

そんな方も多いと思います。あなたもそんな思いをしたことはないですか?
インプットしたはずの知識がなぜアウトプットに活かせないかといえば 「何となく」知識を記憶していることが多いのです。

 

厄介なことに理解が曖昧なままでは、 正答を導き出すことはできません。

 

大事なのは論点が正しく把握されているかどうかということ。
一つひとつを丁寧に覚えることが大切なんですね。

 

でも、テキストをどんなに読み込んでも意外とこれが難しいんですね。
しかし、あきらめるわけにはいきません。

 

これはいざ本試験に臨むと切実に実感します。
あいまいな知識がいかに役に立たないもので、確実な知識がどれだけ頼りになるのかを。

 

実際、消去法で解こうとしたときに、○なのか×なのか断定できなかったら、?をつけるしかありませんね。

 

受験のベテランともなると、「細かい箇所をこんなに勉強した」「分厚い参考書の内容を隅々まで勉強しマスターした」ということを自慢する人がいます。

 

とくに、ネットの掲示板での自慢話は、意図的なのか、すごいものがありますね。

 

そういう話を聞いたりすると不安になることがあるかもしれませんが、耳をかさないのが一番です。
解決法は徹底して問題演習に取り組むということ。これが大事だと思います。

 

覚える範囲は絞ってでも問題演習で確実な知識を身に付けることです。
難問を恐れることはありません。成績上位者でもできない問題を解けるようになる必要はありません。

 

実際には難問がとけた受験生が合格できるのではなく、みんなができる問題を確実に得点できた受験生が合格できるのです。(ここは、あえて単純に書いていますが・・・)

 

ある難関国家試験の短期合格者は、「基本書の範囲だけをしっかり学習しただけ」で某答案練習会(参加者約800名)でトップクラスを取り続けたという例も聞きます。

 

 

受験予備校が実施する模擬試験における、「設問ごとの正解率」を調べてみる と、おもしろいことがわかります。

 

「正解率の高い問題を確実に正解」していけば十分合格点に達することがおわかりになるでしょう。

 

 

 

 

試験に合格する勉強法 に戻る

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

 

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


 

   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


page top