社労士試験 勉強法

社労士試験の難易度を自分で決めつけていませんか?

社労士試験の難易度を自分で決めつけていませんか?

社会保険労務士試験というと、簡単には合格できない、難易度の高い国家試験というイメージを持たれる受験生はとても多いと思います。
実際、私もそうでしたし・・・。

 

確かに、平成27年度の社労士試験は鬼の2.6%という信じがたい合格率でした。

 

それまでが低くても5%台でこれは例外という見方だったので、社労士受験業界は騒然となりましたね。次の年の平成28年度の合格率は4.4%と少し回復しましたが、、それでも史上2番目に低い合格率であることは事実です。

 

その前からも、実際には過去問題を見てみても、あまりに細かい内容の問題がよく出題されるので、相当な細かい知識を積み上げないと合格できないという思いにさせられてしまいます。

 

『社会保険労務士試験は難しい』
『社会保険労務士試験に合格するには、1年の勉強期間では難しい』

 

そんなイメージが先行していますよね。

 

確かに、試験問題の難易度という点では難しい試験といえるのかもしれません。
しかし、そのすべての問題に正解しなければならないわけではなく、実は、合格者ですら、余裕ですべての問題を解けるわけではなく、本試験はやはり難しかったという合格者が大半というのが現実です。

 

確かに出題される問題はとても難しい問題も多いのですが、
受験生のレベルと社会保険労務士試験のレベルには大きな開きがあるのです。

 

実際には、試験に合格できるレベルというのは世間や受験生が考えているほど高くはありません。

 

試験の合否は、みなさんが思っているよりもずっと低いレベルで決まっているのです。

 

これは、社会保険労務士試験に限らず、どの難関試験でも同じことが言えると思います。

 

まず、この仕組みを理解しておかないと、ついつい、闇雲に細かな知識を追い求めたり、さまざまな講座(直前対策講座、総まとめ講座)を申し込んだり、たくさんの模擬試験を受けて、どれも消化不良になったりといったことをしてしまうのです。

 

具体的に、私の体験でご紹介しますね。

 

社会保険労務士試験で合格するには、択一式で約6割の得点が必要ですよね。
では、実際に、問題を解いていて6割取るという感触はどんなものでしょうか?

 

私は本試験で6割取ったという経験がないので正確にはわかりませんが、5割と8割の経験はあります。(極端ですね・・・)

 

5割のとき(1回目)は、問題を解いていても正解できたのかどうか、どの問題も自信がない状態です。
まさに雲の上を漂うような感じ・・・です。いったい何割正解できているのか予測すらできません。

 

消去法で解いていくのですが、正誤の判断がつかない肢ばかりで消去ができません・・・・。

 

しかし、そんな状態でも5割の正解を残しているのです。

 

 

では、8割正解できたとき(2回目)の感覚は、どのようなものでしょう。
私の感覚では、最低半分は取れているだろうなという感触です。

 

結果的には8割正解できていても、実際に試験終了後の自己採点では、この程度の認識しか持てないのです。

 

ちなみに、私の知り合いで、択一式問題で61点という9割近い高得点を取った方がいます。
その方の試験直後の自己採点は、41点+αでした・・・。

 

いかがでしょうか?
9割近くの正解率を誇る合格者でも、試験直後の感触は意外と低いと思われたのではないでしょうか。

 

しっかりと受験の準備をしてきて結果的には高得点の合格者であっても、本試験ではあまりに高い壁に圧倒されてしまうのです。

 

それは、先に書いた通り、
受験生のレベルと社会保険労務士試験のレベルには圧倒的な実力の開きがあるからなのです。

 

ですから、
高得点で安全に合格しようという発想ではなく、

 

正解率の高い問題を確実に正解」するという大原則を常に念頭において受験準備に取り組んでいただければと思います。

 

司法書士という難関試験がありますが、この試験に合格した方の合格体験記を読んだことがあります。
受験予備校に通っていて、基本テキストと基本問題だけをひたすら繰り返したという方でしたが、常に予備校の試験では成績トップだっということです。

 

いかに確実な知識が大切かという事例ではないでしょうか。

 

次は、社労士試験を含め、資格試験に合格しやすい人について説明します。

 

 矢印 合格しやすい人の資質とは?

 

 

 

矢印 試験に合格する勉強法 に戻る

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

 

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


 

   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


関連ページ

試験勉強の王道 テキスト中心学習は正解か?
社労士試験の勉強法−テキスト中心学習か問題中心学習か?
社労士合格脳になるために−問題集はまず解かない
社労士の勉強で、どれだけテキストを繰り返し読んでも本試験レベルの問題集が解けなくてパニクッてしまうわけは?
いかに勉強を継続できるかが社労士合格の大きなカギ
社労士試験合格で最も大切なもの−いかに勉強を継続しモチベーションを維持できるか?
社労士試験合格に必要な確率論を理解してない受験生が大半
社労士試験に合格する勉強法−合格の確率を上げる方法について−
社労士試験直前期の過ごしかた
社労士試験で大切な直前期の過ごし方とは?
社労士合格に模擬試験の受験は必須?
社労士模擬試験の受け方や回数、復習の仕方などについて
確実な知識の積み上げが社労士試験合格のポイント
社労士試験において確実な知識の積み上げが高得点の秘訣。8割超の合格点をたたき出した合格請負人の勉強法とは?
社労士試験などの難関資格に合格しやすい人の資質とは?
社労士試験において合格しやすい人には一定の特徴があります。
社労士試験の合格体験記を読むのは役に立つ?
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。
社労士試験の択一式が30点台だった方へ
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。
社労士通信講座の教材がこなせないときは
通信講座で定期的に教材が送られてくる場合、一度躓いてしまうと、どんどん未消化の教材が溜まってきてしまい、やる気をなくすという悪循環に陥りがちです。
社労士科目の勉強で疑問が出た場合の解決法
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。
社労士試験の難関−年金科目が理解できないときは
社労士試験の難関科目と言われる厚生年金・国民年金の科目は制度の概要が把握できていないと、問題演習が思うように進まないかもしれませんね。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 効率的に合格する勉強法 通信講座の選び方 各通信講座の評価・比較