厚生年金 国民年金 理解できない

年金科目が理解できないときは

厚生年金や国民年金科目がよく理解できないときは?

年金科目は制度の概要が把握できていないと、問題演習が思うように進まないかもしれませんね。

 

しかし、すでに答練も経験され概要を把握できているのであれば、問題演習中心でいいでしょう。

 

 

年金科目は地道に学習していると、ある日突然わかるようになるという合格者がいますが、わたしの経験ではそのようなことはありませんでした。

 

最後まで、「よくわからんなー」という感じで本番を迎えた記憶があります。

 

ただし、過去問題、答練は完璧に仕上げたという自信は付いていましたらあまり不安はありませんでした。

 

 

正直なところ、合格者あるいは開業者でも年金は苦手な方は多いですよ。
年金相談なんて、本格的にやろうとしたら、年金専門でいかないと対応できません。

 

出題者としては、どれだけでも難しい問題が年金科目では作れるというところなのでしょう。

 

しかし、実際には、難しい問題を出題しても誰も解けないので、受験生としてもそれなりに解けるようになっていればいいのです。

 

少し話しがそれましたが、年金の概要がよくつかめないということでしたら、年金のテキストではなく入門書を読まれるといいかもしれません。

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

 

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


 

   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


関連ページ

テキスト中心学習は正解か?
社労士試験の勉強法−テキスト中心学習か問題中心学習か?
問題集はまず解かない
社労士の勉強で、どれだけテキストを繰り返し読んでも問題集が解けないわけは?
いかに勉強を継続できるか
社労士試験合格で最も大切なもの−いかに勉強を継続しモチベーションを維持できるか?
合格の確率論を理解しているか
社労士試験に合格する勉強法−合格の確率を上げる方法について−
直前期の過ごしかた
社労士試験で大切な直前期の過ごし方とは?
模擬試験は何度も受けろ?
社労士模擬試験の受け方や回数、復習の仕方などについて
確実な知識の積み上げに専念
社労士試験において確実な知識の積み上げが高得点の秘訣。8割超の合格点をたたき出した合格請負人の勉強法とは?
社労士試験の難易度
『社会保険労務士試験は難しい』社会保険労務士試験に合格するには、1年の勉強期間では難しい。そんなイメージが先行していますよね。
合格しやすい人の資質とは?
社労士試験において合格しやすい人には一定の特徴があります。
合格体験記を読もう
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。
択一式が30点台だった方へ
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。
教材がこなせないときは
通信講座で定期的に教材が送られてくる場合、一度躓いてしまうと、どんどん未消化の教材が溜まってきてしまい、やる気をなくすという悪循環に陥りがちです。
疑問点の解決法
社労士試験合格を左右するポイントとは?社労士試験択一式で8割超の合格点をたたき出した効率的に合格する勉強法について。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 効率的に合格する勉強法 通信講座の選び方 各通信講座の評価・比較