IDE社労士塾 通信講座

IDE社労士塾

I.D.E.社労士塾(初学者から再受験組までおススメ)

矢印

IDE社労士塾は社労士試験専門で、かつ通信教育に力を入れた資格塾です。

 

通信講座は、CDが標準で付いてきます。最新の法令・試験傾向に基づいて、毎年すべて最新の講義を専用スタジオで録音されています。

 

つまり、通学用講座の焼き増しではなく、通信生向けにちゃんと作られています。

 

社会保険労務士資格に特化した予備校なので、社労士がダメなら他の資格に乗り替えるなんてことは簡単にできません。
つまり、他の予備校と比べて社労士試験講座に対する本気度が違います。
井出先生の講義は質も評判もとても高い点が特徴です。

 

IDE社労士塾ののウィークポイントとは?

いくつかのコースが設定されていますが、通信パックコースAという総合講座は20万円を超えますから、それなりの額を用意しなければなりません。

 

コースがいくつかあるので、サイトを見ても正直わかりにくいです(少なくとも私は・・・)
直前対策講座を含めるのか含めないのかで費用も大きく違ってきます。
直前対策講座の必要性については合格者によって違うと思いますが、私はあまり必要ないと考える側です。
直前期には、これまで積み上げてきた学習の総仕上げの時期なので、余分な情報や勉強は排除したい方です。

 

同じ考え方の方なら、直前対策講座は除くことで講座の費用もかなり安く済ますことができます。

 

IDE社労士塾の評判、口コミは?

インターネットの掲示板などをみても、評価が高いようですね。サイトから、教材の見本も講義も視聴することができます。
口コミ情報でも、講義の質がとても高いので、巧みな話術に引き込まれるという評価も多いですね。

 

ただし、いくつかのコースが設定されていますが、総合講座は20万円を超えますから、それなりの額を用意しなければなりません。

 

こちらのサイトは合格体験記が充実していますので、とても参考になると思います。
インターネットの掲示板などをみても、評価が高いようですね。

 

サイトから、教材の見本も講義も視聴することができます。

 

詳しくはこちらから⇒ I.D.E.社労士塾

 

 

矢印 色々な社労士通信講座の資料を取りよせたい方はこちら

 

    ⇒ 社会保険労務士通信講座の無料一括請求

 

 

矢印

 

※→の四角で囲んだ「通信講座」のタブをクリックしてください。

 

以下の社労士通信講座の資料を無料で取りよせることができます。

 

・クレアール
・ユーキャン
・日本マンパワー
・LEC東京リーガルマインド(レック)
・TAC(タック)
・資格の大原
・自由が丘産能短期大学

 

一括資料請求を利用する際の利点は、

 

なんといっても、資料請求の入力作業が1回で済むこと
これに尽きます!!

 

これは実際に体験するとわかりますが、本当に便利さを実感できます。

 

なお、複数の予備校に資料請求をすると、予備校から勧誘の電話がむやみに掛かってくるのではないかと不安の方があるかもしれませんが、私の体験では、
これまでどこからも一度も電話が掛かってきたことはありません

 

  こちらから ⇒ 社会保険労務士通信講座の無料一括請求

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

 

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


 

   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


page top