社労士試験 合格法

試験合格の確率論を理解しているか

いくら試験勉強を重ねても社労士試験本番で満点を取ることはできません。
受験予備校の専任講師でさえ、本試験の問題を何人かで取り囲んで正解を出すほどですから、
一介の受験生がすべての社労士問題をコントロールできるはずがないのです。

 

これは、冷静に考えればわかるはずなんですが、でも実際には、
知らず知らずのうちに満点を取りにいく勉強方法になっている受験生が多いのではないでしょうか?

 

さらに、出題範囲の広さに圧倒される受験生も多いはずです。

 

勉強を始めて、「社労士試験ってこんなに範囲が広いの?」
と、戸惑ったり勉強自体をあきらめる受験生も多いのです。
私の周りでも、社労士の勉強してみようと思ったけどあきらめたっていう人が結構いましたね。

ですから、ただやみくもに勉強するだけでは、よほどの勉強時間の余裕があるか、モチベーションが高い人でないと社労士試験に実際に合格するということは難しいでしょう。

 

勉強していく中で、いろいろな疑問点は出てくるでしょうが、テキストにも載っていないような細部の知識を追求していては勉強が進みません。

 

もちろん満点を取る必要がないことはおわかりでしょうが、あまりに難問と感じる本試験の問題をみたりすると、実際にはついつい満点を取るような勉強をしてしまいがちなんですね。

 

社労士試験合格には、こうしたいくつかの高い障壁があるため、勉強の途中で受験をあきらめる方が多いのです。

 

では、社労士試験の合格ラインである6割正解を確実に達成するために、8割解ける実力を身に付けようとする考え方はどうでしょう。

 

実際に、日本を代表する大手資格スクールが開講する「社労士受験講座」の中には、「合格ラインを大きく超えて余裕で合格しましょう」という再受験生向けで実力者向け選抜のコースがあります。

 

でも、私はこの考え方は少し危険があると思っています。
満点を目指さないまでも、手を広げすぎてしまう傾向があるからです。

 

つまり、6割取れる実力を8割に引き上げるのって相当な知識量の上積みが必要ですから、勉強法自体を変えないといけないくらいのレベなんですね。

 

それよりも、最短で効率よく試験に合格することの方が大事だと思うんです。
社労士試験の本番で合格点を取る上でぜひ意識していただきたいことがあります。

効率よく社労士試験に合格する上で絶対に必要なこととは?

それは、正解率という確率論を理解し意識するということです。

 

これは、
正解率の高い問題をいかに確実に得点できたかが勝敗を決定する
という確率論のことです。

 

社労士本試験で9割の正解を誇る合格者であっても、正解率が2割とか3割の問題は苦戦しています。(実際に、9割以上の得点を上げた試験合格者の知人数人に聞きました。)

 

逆に、正解率が5割以上の問題であればほぼ確実に正解できているはずです。

 

では、本試験での正解が5割だった社労士受験生の場合はどうでしょうか?

 

正解率が2割とか3割の問題は、9割正解の合格者同様に苦戦しているはずです。
また、正解率が8割、9割という問題はかなりの確率で正解できているはずです。

 

ところが、正解率が5割前後の問題では結構取りこぼしが多いと思います。

 

少し回りくどい書き方になりましたので整理しますと、

 

得点9割の受験生・・・2〜3割正解率の問題は苦戦、5割以上の正解率の問題は確実に正解
得点5割の受験生・・・2〜3割正解率の問題は苦戦、8割以上の正解率の問題はほぼ正解だが5割前後正解率の問題は取りこぼし多い

 

9割の合格者と5割の不合格者の正解率の違いは、

 

正解率が5割以上の問題をいかに確実に正解できたか
という差であることがわかります。

 

ここがポイントです!!

 

こうしてみると、正解率の高い問題を確実に解ける実力があるかどうかが得点力に大きく影響してくることがわかります。

 

社労士試験の各科目の知識はあまり変わらなくても、確実に易しい問題を正解できるかどうかで、実に5割から9割まで得点の差が開いてしまうこともあるのです!

 

では、5割以上の正解率の問題は確実に正解できるようになるにはどのような対策が必要でしょうか?

 

繰り返しテキストを暗記できるようになるくらいまで読み込むことでしょうか?

 

いや、これまで言ってきたように、実は繰り返しテキストを繰り返し読んでも確実に問題を解けるようにはゼンゼンならないんですね!

 

そもそも、テキスト勉強だけですと、問題を解けない状況に陥ってしまいます。
もし、あなたがその状況に陥っていても、これはみんなが経験することなので、あなただけではありません。

 

問題演習を繰り返すことでしかこの状況を変えることはできません。
問題の質も大切ですが、とにかく多くの良問を繰り返し解いて完全に正解できるようになるまで仕上げることで5割以上の正解率の問題を確実に正解に解く実力が身に付きます。

 

私自身が2回目の社労士試験受験で痛切に感じたことです。

満点を狙う勉強をしない

社会保険労務士の試験は難しいといわれています。
その理由のひとつがあまりにも範囲が広すぎて覚えきれないというところでしょう。

 

労働基準法や国民年金法など複数の法律に関して覚えておかなければいけませんし、たびたびおこなわれる法改正もチェックしなければいけません。

 

そのため、実に1,200時間も勉強しなければいけないといわれています。
もちろん、それは個人差があり、1,500時間勉強しても合格しない人もいるのです。

 

社会保険労務士になるための効果的な勉強方法としては、満点を狙い勉強をしない、ことです。

 

『満点を狙って勉強すれば、万が一数問間違っていても合格するんじゃ・・・』と思うかも知れません。

確かに理想は満点を狙って法律すべてを覚えることが望ましいです。そして社会保険労務士として働く場合にも役に立ちます。

 

ただ、満点を狙おうとすれば、必然的に勉強する範囲は増えてしまいます。
試験に合格するためには、満点じゃなくても70%程度の正解率でも合格できるのです。

 

ということは70%を確実に正解する勉強をすることが時間短縮になるポイントなのです。

 

同じ1,200時間を勉強した場合、まんべんなく70%くらい覚えていると、合格率が下がってしまいます。

 

それよりも7〜8割を100%覚える方が合格率が高いのです。
もしも、それで不合格になってしまっても、次の試験の時には残りの部分をみっちり勉強すればおそらく合格できるでしょう。

 

ですが、まんべんなく勉強した人は、また同じようにまんべんなく勉強するので、結局また不合格になってしまうこともあるのです。

 

いざ社会保険労務士として働く場合を考えて、満点を取りに行く勉強をする方がいます。

 

しかし、現実には、開業して仕事をしていくうえで何も法律の本を見てはいけないということはありませんから、まずは社会保険労務士試験に合格することを最優先に勉強すべきなのです。

 

過去問が超重要

社会保険労務士の試験には、法律の問題がたくさん出てきます。
そのため、さまざまな法律を勉強することが必須になりますが、法律そのものをすべて暗記するのはかなり至難の業です。

 

もちろん、一語一句間違えずに覚えられるならそれに越したことはありませんが、それだと時間がいくらあっても足りません。

 

効果的な社会保険労務士の勉強方法として、必ずやってもらいたいことが、過去の試験に出た問題を勉強するということです。

そのなかから同じような問題が出題されるということがあるかもしれませんし、逆に、この問題が出たばかりだから、この分野は今回の試験では出ないかも、と予測することもできます。

 

また、頻繁に出題されているような問題もありますから、そういったところは時に重点的に勉強するなどの対策もできます。

 

また過去の問題を勉強することで、問題の形式、傾向もわかりますし、実際の試験の時のペース配分などを図るためにも効果的です。

 

過去の問題は、さまざまな参考書などにも載っていますので、書店に行けば見つけることができるでしょう。
できるだけ多くの過去問題を取りよせ、傾向を分析して、ヤマを張るというのも効果的な勉強になるでしょう。

 

ただ、過去の問題を勉強する際の注意点としては、法改正があります。

 

過去の問題では正しい解答でも、現在では不正解となってしまうこともあります。
ですから、過去問題で法改正があったポイントについては、特に注意して間違った知識を覚えないようにしましょう。

 

勉強する科目の順番も大事

これから社会保険労務士を目指そうと思って勉強し始めた人は、最初の壁にぶち当たることでしょう。
それは「何から勉強したらいいのか」という点だと思います。

 

社会保険労務士になるためには、労働基準法、雇用保険法、健康保険法、国民年金法など、じつに8種類の法律、そして労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識の2つの一般常識を勉強しなければいけません。

 

ただでさえ法律を覚えるのには苦労するのに、10科目もあると、何から手をつけたらいいのかわからなくなるのです。

 

効果的に勉強するためには、勉強する順序を考えることが大切です。
これを間違えると、わからないことばかりでなかなか勉強が進まないということにもなりかねません。

 

10科目とはいえ、大きく分けると2つの項目に分けられます。
それは労働保険に関する項目(法律)と、社会保険に関する項目(法律)です。

 

これらの2つはどちらが先に勉強しても構いません。
そのなかの科目の勉強する順序を考えることです。

 

労働保険に関する項目では、真っ先に勉強すべきなのが、労働基準法です。
その後、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、徴収法、労働に関する一般常識、の順で勉強していくといいでしょう。

 

また社会保険に関する項目では、はじめに健康保険法、そして国民年金法、厚生年金保険法、社会保険に関する一般常識の順で勉強していくのが望ましいです。

 

ただ、はじめはみっちりと勉強してから次の項目に進むのではなく、ある程度概要を知る程度で一通り勉強し、すべてに目を通してから、詳しく勉強していくといいでしょう。

 

そうすれば、類似する点、つながりのある点もありますから、それを確認しながら勉強することもできます。

不得意科目を逆転の発想でなくす

社会保険労務士になるためには、100%覚える必要はありませんが、だからといって不得意な科目を省くのはいけません。

 

たとえば、「健康保険法に関しては覚えやすいから、ばっちり勉強して、労働基準法は範囲が広すぎて覚えられないから切り捨てる」ということをやってはいけないということです。

 

社会保険労務士の試験の合格基準としては、例外を除いては各科目が基準点以上でなければいけません。
そのため、ひとつの科目だけ完璧でも、他の一科目がまったくダメという場合には、総合得点がよくても不合格になることがあるのです。

 

7〜8割の正解率でも合格するのですが、それは各科目ごとに7〜8割ということで、全体ではないのです。

 

逆に、不得意な科目ほどしっかりと勉強していかなければいけません。

 

得意な科目、覚えやすい科目というのは比較的簡単に覚えられます。
ですが、不得意な科目は避けてしまうと全く覚えていないということにもなりかねません。

 

不合格になる人の多くが不得意な科目があるためといわれています。

 

もしも苦手だなぁ、と思うような科目がある人は、それを重点的に勉強していくことが合格への近道といえるでしょう。

 

特に、多くの人が不得意な科目といわれているのが、労働基準法です。

 

その理由が範囲が広いということもあるようですが、労働保険に関する項目の中で労働基準法は基本となる法律ですから、これを覚えないことには他の科目にも影響してきます。

 

もちろん、他の科目も不得意を作らないことですが、特に基礎となる法律は重視することです。

教材を絞って覚えるべき事を限定すること

これまで書いたように、社労士試験の出題範囲は実に膨大です。

 

ですから、「出題される可能性が高いポイントだけを効率良く」学ぶ視点が大切になってきます。

 

実際、何年かの過去問をみてみると、毎年若干問い方を変えて出題されている重要項目が、いくつもあることに気が付きます。

 

ここの重要ポイントと言われるところが絶対に抑えないといけないところです。
合格者が確実に正解していくポイントですから、ここで失点してしまうと超難問を解けないと合格が見えてこないです。

 

もちろん、それだけでは合格ラインを満たすことは厳しいですが、頻出箇所が押さえられているかどうかは、合否に大きく影響する非常に大切な要素です。

 

この確率論を制するために大切なポイントのひとつが直前期の過ごしかたです。

 

詳しくは、こちらからどうぞ!

 

矢印 直前期の過ごしかた

 

 

 

矢印社労士試験に合格する勉強法に戻る

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


page top