社労士 講座 こなせない

社労士通信講座がこなせないときは

これは実際によくあるケースです。

 

通信講座で定期的に教材が送られてくる場合、一度つまずいてしまうと、どんどん未消化の教材が溜まってきてしまい、やる気をなくすという悪循環に陥りがちです。

 

教材は否応なしに定期的に自宅に送付されてきます。
教材が届いた嬉しさなんてものは全くなく、焦りのほうが大きくなります。

 

この場合、一番マズいと思うのは、
積み上げられた手つかずの教材を前にして、勉強のモチベーションが下がることです。

 

通常、いくつかの講座がセットになった総合講座を申し込んでいる受験生が多いと思いますが、こうした総合講座ですと、

  • 講義を収録したカセットがある
  • 模擬試験がある
  • 科目ごとの小テストがある
  • 法改正講座・白書対策講座が付いている
  • 自習用の問題集が付いている
  • 総まとめ講座が付いている

など魅力的なラインナップで、通信講座を申し込んだときには、これらをこなしていれば、十分合格ラインに到達できるだろうと期待感であふれています。
実際に、仮に全ての教材を完璧にこなすことができれば、社労士合格はかなり現実的なものになるでしょう。

 

ところが、並大抵の量ではないため、せっかくの教材を完璧に仕上げるとっていうのが現実的なボリュームとは思えなくなってしまいます。

 

よほど、勉強時間が十分に取れる受験生ならいざ知らず、多くの社労士受験生は少ない時間で勉強時間を捻出しているわけです。
ですから、至れり尽くせりの教材を完璧に仕上げるなんて合格者のうちの1割もいないんじゃないかと思ったりします。

 

実際に同期の社労士合格者との話でも「あんなボリュームとても全部できないよね」なんて話をしていました。

 

社労士試験にチャレンジしようとする方で、高い通信講座の教材を買って勉強は始めたけれども途中で挫折して受験をあきらめたという人は多いはず。本試験受験生のおそらく何倍にもなるでしょう。

 

私の周りでも「勉強する範囲が多すぎて勉強の途中で受験を諦めた」っていう話は良く聞きました。

 

社労士試験の合格者は受験者の6%程度かもしれませんが、社労士試験受験を志した方を含めれば、いざ合格までいった確率は相当に低いことがお分かりになると思います。

 

その途中脱落の方の中でも、講座の進度に追いつかず、挫折してしまったという例も少なくないでしょう。私も挫折かけた時期がありました。

 

では、挫折しないためにはどのような心得が必要なのでしょうか。

 

 

それはずばり、
思い切って捨てる勇気を持つ
ということです。

 

例えば、
・講義収録のCDが聴けないまま溜まっている
→→溜まった分はやらないと決める

 

・模擬試験の復習に手をつけられない、あるいは全く手をつけていない
→→解答解説が送られてきてから、正解率の高い問題だけを選んでやる

 

・テキストを読む余裕がない
→→テキストの中で、問題演習でチェックした箇所だけを読む。

 

・すでに終了した科目を復習する時間がない
→→複数の科目を同時並行で学習するのではなく、1科目に絞る

 

このように気持ちを切り替えて次に進むことです。

 

カリキュラム通りにいかないとやる気が急激に失せてしまうのは必然です。
しかし、それだけは回避すべきです。

 

従って、まず未消化になってしまった分は思い切って捨ててください。
そして、カリキュラムの進度に合わせて学習を始めて下さい。

 

しかし、それだけでは根本的な解決にはなりませんので、学習計画を見直してみて下さい。
少し欲張った無理な計画になってはいないかどうか振り返ってみてください。  

 

案外、気負って無理のある計画を立ててしまうものです。
そんな時は、無理のない余裕のある計画に組み直しましょう。

 

調整日などの期間も設けて、勉強できなかった場合も想定して勉強計画を立ててみてください。
そして、完璧を目指さず、全科目をできる限り早く回転することを第一優先で考えてみてください。

 

社労士合格者といっても、当たり前のことを確実にこなしたからこそ合格する力が付いたわけで特殊な能力があるとか、特殊な勉強法を編み出したわけではありません。
無理なく、自分の出来る範囲で着実な力を身に付けるように心がけてみてはいかがでしょうか?

 

次は、以下の内容 について説明します。

 

 矢印勉強で疑問点が次々に出てきて進まない

 

矢印試験に合格する勉強法に戻る

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


page top