社労士試験 難易度

社労士試験の難易度を自分で決めつけていませんか?

社会保険労務士試験というと、簡単には合格できない、難易度の高い国家試験というイメージを持たれる受験生はとても多いと思います。

 

実際、私もそうでしたし・・・。

 

平成27年度の社労士試験なんて2.6%という信じがたい鬼の合格率でした。

 

それまでが低くても5%台でこれは例外という見方だったので、社労士受験業界は騒然となりましたね。次の年の平成28年度の合格率は4.4%と少し回復しましたが、、それでも史上2番目に低い合格率であることは事実です。

 

その前からも、実際には過去問題を見てみても、あまりに細かい内容の問題がよく出題されるので、相当な細かい知識を積み上げないと合格できないという思いにさせられてしまいます。

 

『社会保険労務士試験は難しい』
『社会保険労務士試験に合格するには、1年の勉強期間では難しい』

 

そんなイメージが先行していますよね。

 

確かに、試験問題の難易度という点では難しい試験といえるのかもしれません。
しかし、そのすべての問題に正解しなければならないわけではなく、実は、合格者ですら、余裕ですべての問題を解けるわけではなく、本試験はやはり難しかったという合格者が大半というのが現実です。

 

確かに出題される問題はとても難しい問題も多いのですが、
受験生のレベルと社会保険労務士試験のレベルには大きな開きがあるのです。

 

実際には、試験に合格できるレベルというのは世間や受験生が考えているほど高くはありません。

 

試験の合否は、みなさんが思っているよりもずっと低いレベルで決まっているのです。

 

これは、社会保険労務士試験に限らず、どの難関試験でも同じことが言えると思います。

 

まず、この仕組みを理解しておかないと、ついつい、闇雲に細かな知識を追い求めたり、さまざまな講座(直前対策講座、総まとめ講座)を申し込んだり、たくさんの模擬試験を受けて、どれも消化不良になったりといったことをしてしまうのです。

 

具体的に、私の社労士試験の実体験でご紹介しますね。

 

社会保険労務士試験で合格するには、択一式で約6割の得点が必要ですが、実際に問題を解いていて合格ラインの6割を取るってどんな感触なのか考えてみました。

 

私は本試験で6割取ったという経験がないので正確にはわかりませんが、5割と8割の経験はあります。(極端ですね・・・)

 

5割のとき(1回目)は、問題を解いていても正解できたのかどうか、どの問題も自信がない状態です。
まさに雲の上を漂うような感じ・・・です。いったい何割正解できているのか予測すらできません。

 

消去法で解いていくのですが、正誤の判断がつかない肢ばかりで消去ができません・・・・。

 

しかし、そんな状態でも5割の正解率を残しているのです。意外ですね!

 

では、8割正解できたとき(2回目)の感覚は、どのようなものでしょう。
私の感覚では、最低半分は取れているだろうなという感触です。

 

結果的には8割正解できていても、実際に試験終了後の自己採点では、この程度の認識しか持てないのです。

 

私の知り合いで、択一式問題で61点という9割近い高得点を取った方がいます。
ちなみに、その方の試験直後の自己採点は、41点+αでした・・・。

 

いかがでしょうか?
9割近くの正解率を誇る合格者でも、試験直後の感触は意外と低いですよね。

 

しっかりと受験の準備をしてきて結果的には高得点の合格者であっても、
本試験のレベルの高さに圧倒されてしまうのです。

 

ですから、
高得点で安全に合格しようという発想ではなく、

 

正解率の高い問題を確実に正解」するという大原則を常に念頭において受験準備に取り組んでいただければと思います。

 

司法書士という難関試験がありますが、この試験に合格した方の合格体験記を読んだことがあります。
受験予備校に通っていて、基本テキストと基本問題だけをひたすら繰り返したという方でしたが、常に予備校の試験では成績トップだっということです。

 

いかに確実な知識が大切かという事例ではないでしょうか。

 

働きながらでも合格できるか?

結論から言うと、社会保険労務士試験に働きながらでも合格する事は十分可能だと思います。

 

実際に働きながら社会保険労務士になった人のほうが多いくらいですし、近年の合格者を年代別に見ても、30代が一番多く次いで40代と働く世代の合格者が多くなっています。

 

働く社会人が合格者の大半を占めているということですね。

 

しかし働きながらの場合は、当然仕事もしなければいけませんので、受験勉強に使える時間が限られてしまいます。
中には科目免除や公務員特例の免除もありますが、ごく一部に限られます。

 

社労士試験は、特に働きながらも合格可能な最難関資格といわれています。

 

ちなみに、社労士試験より難しいと一般的に考えられている司法試験や公認会計士試験、司法書士試験などは、働きながらの合格はほぼ無理と言われています。

 

時間がないとあきらめる必要はなく、社労士試験合格者は限られた時間の中で勉強して合格の栄冠を勝ち取っているわけです。

 

スキマ時間などをうまく活用したいですし、WEB対応の通信講座ならスマホの画面ですぐ勉強できる環境にすることができますので、自分で勉強時間を作っていけるといいですね。

 

今はネット社会ですから、スマホでも勉強に必要な情報は十分入手できますし、社労士講座の講義自体もネット配信で手軽に聞けるようになりました。

 

とはいっても、効率よく合格力を身に付けるには、勉強方法の工夫も余計に必要になってくると感じます。

 

スキマ時間の活用は多くの受験指南書が書いているので、多くの方は実践しているかもしれませんね。
電車の移動や車通勤などでも、今は手軽にスマホで勉強できるのですから活用しない手はありません。

 

ただし、一言でスキマ時間と言っても、意外と集中できない時間・集中できる時間があるので、その時間にどんな勉強をするかあらかじめ決めておくと迷うことはありません。

 

背水の陣は危険と隣り合わせ

よく、背水の陣で試験に臨めば良い結果が出るとか合格の可能性が上がるといわれますが、私の個人的な感想では、その考えは少し危険なようにも感じています。

 

ちなみに私が社労士試験に合格してから、合格者の会のようなものに出席したときの話ですが、15人ほどの合格者の中で独学合格者は2人だけでした。

 

その方の一人は失業保険をもらいながら受験した人で、もう一人は無職で勉強に専念できる環境の人でした。
そのとき、意外と独学の方の割合って少ないと思ったんです。

 

その後、色々な資格合格本などを読んだりして知ったのですが、背水の陣で勉強していると、「今度受からなかったら後がない」と思うと、人間力んでしまって必死さが冷静さを奪ってしまうそうです。

 

その結果、知識優先になってしまって膨大な量をひたすら覚えようという意識が強くなる傾向になります。

 

すると、

  • ⇒範囲を広げてしまいがちで頻出範囲をしっかりマスターできない
  • ⇒確実に正解すべき問題を落としてしまう
  • ⇒得点が伸びない

こんな結果に陥ってしまうことが往々にして起こってしまうのです。

 

数%の合格者の中に入るためには、他の一般的な受験生と同じことをしていてはダメだということはお分かりになるでしょう。

 

確実な合格が保障されない試験だから

社会保険労務士の試験は、出題範囲がとても広く試験範囲の広さに圧倒される事も多々あります。
また、「社労士試験って確実な合格が保障されない試験」だなとつくづく思います。

 

どういうことかというと、
毎回、模擬試験で一番を取れる実力がある受験生でさえ、確実に合格できない可能性を十分にはらんでいるということですね。

 

その原因としては、択一式と足きりの存在があります。
ほとんどの受験生が読んだこともないような問題文が出題される割に、5問中原則3問以上の足切りラインをクリアしなければなりません。

 

背水の陣で試験に臨んでも、どんな実力者でも不合格の可能性があるわけですから、運という要素をどうしてもして切れないという面はあることを理解していただければと思います。

 

ただし、そうはいっても必ず合格するという覚悟は必要だと思います。
ズルズル勉強していたらいつしか合格した」なんてことはなく、合格したいという強い思いは絶対大切なんだと思います。

 

社労士試験に合格した周りの方も、受かればいいなという緩い考え方の方はあまりいなくて、今回必ず試験に合格するという決意で勉強してきた方ばかりでした。

 

私の場合ですが、受験2年目はかなりの勉強時間を費やしたので、家族とのかかわりなど、多くのことを犠牲にして勉強したという感じでした。

 

そうすると、「もし今年不合格でも、社労士試験に合格するまでは受験はあきらめられないな」という思いもしました。

 

よく、司法試験で一流大学を出て何年も受験しても合格できなくて、でもあきらめられない、という話を聞きますが、その気持ちはわかる気がします。

 

私の場合は、1年でも早く合格するために、少しでも合格の確率を上げるために、どうしたらいいかを常に考えていたと思います。

 

そして、合格した今となって感じるのは、働きながら社会保険労務士試験に合格なるためのポイントとして、

 

通学や通信教育など資格の学校を最大限に利用する
ということが合格の確率を上げる一番の近道であると思います。

 

独学との比較として、通学や通信教育のメリットとしては、必要な教材があらかじめ揃っている事です。
独学が厳しいのは、一体どこまで勉強すれば合格ラインなのかイメージしにくいんですね。

 

一方、通学や通信講座であれば、与えられた教材をマスターすれば合格ラインじゃないかという目安ができます。これが大きいです。

 

問題集やテキストも、過去の試験問題や出題傾向を元に作られているので、受験勉強の時間が限られている人でも効率よく学べます。

 

特に通信講座の教材は、受験が初めての人にもわかりやすい構成になっており、試験範囲の広い社会保険労務士の試験に臨むためのアドバイスなどもしてもらえます。

 

通勤途中などでも、手軽にスマホで講義を聴いたりできますし、分からないことがあったら、スマホからでも簡単に掲示板に投稿して疑問点を解決できたりします。

 

通信講座のコース内容も様々ですが、最短6ヶ月で社会保険労務士の資格取得も可能になるなど、試験までの時間に合わせたコース選びも可能です。

 

以前の通信講座といえば、教材一式が送られてきて、定期的に課題を提出して添削を受けるという形式のものが多かったのですが、今は違います。

 

電子データとして講義や教材が提供され、受講生はパソコンやスマートフォン、タブレットなどインターネットにつながる環境がれば場所を選ばず講義に参加できます。

 

テキストだけの勉強では不安な人も、自分のペースで学べるというのも通信教育の大きなメリットです。

 

働きながら実務経験を積み受験資格を得て、それと併用して間通信教育を取り入れれば働きながらでも合格する事は可能です。

 

但し、講座の中にはかなりのボリュームがある場合があります。
特に初学者向けの講座に多いのですが、基本講座からメイン講座、直前対策講座、答練講座、法改正講座、白書講座、年金講座、制度横断講座、総まとめ講座、などなど、色々な名称で講座がセットになっていたりします。

 

すべての講座に取り組もうとすると、あまりのボリュームに圧倒されてすべてが中途半端になる可能性が高いです。

 

受験予備校としては、費用が取れる総合講座を受講してもらうことが一番いいですが、受験生の立場からすれば、勉強時間や期間が少ない場合は、教材をしっかり絞って学習しないと絶対中途半端になります。

 

総合講座を受講するのは問題ないですが、すべてやらなければいけないと考えることが危険なんです。

 

自分のできる範囲で講座を絞って受講しないと合格には程遠いという結果になってしまいがちですから、ここは十分注意して取り組んでいただきたいと思います。

 

実際に、私の場合も総合講座に申し込み、次々に教材が送られてきて、とても焦った記憶があります。
試験直前に直前講座と題して、かなりのボリュームの教材が送られてきました。

 

確かに、内容を一読すると魅力的ではありましたが、とてもこなす時間はないと判断して全く手を付けませんでした。
そして、それまで取り組んできた教材を完璧に仕上げることに集中しました。

 

結果は高得点で合格できましたので、その時、手を広げずに集中して取り組んで本当に良かったと実感しました。

 

 

次は、社労士試験を含め、資格試験に合格しやすい人について説明します。

 

;

矢印社労士試験に合格しやすい人の資質とは?

 

矢印試験に合格する勉強法 に戻る

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


page top