社労士試験 疑問点 解決

勉強で疑問点が次々に出てきて進まない

私にも経験がありますが、細かなところまで勉強が進んでくると、さらに細かなことが疑問として出てくるものです。

 

実際に、通信講座の質問制度を利用して何度も質問を繰り返す受講生でしたから、予備校側からすれば迷惑な受講生だっとのかもしれません。

 

しかし、試験終了後、受験時代に提出した質問と回答を読み返してみると、合否には直接関係しないようなとてもマニアックな質問が大半で大いに反省しました。

 

確かに、テキストで調べても書いていない内容を質問するのですから、マニアックになりがちです。

 

勉強している当時は次々に出てくる疑問を解決したい・・・。
そんな思いが強かったのですが、実際には試験で問われることはなかったのです。

 

いわば、質問のポイントがずれていたんですね!

 

あまり細部にこだわるとなかなか前に進みません。
細かな知識を追求することよりもっと大切なのは、理解できていない点を確実に理解していく
ということでしょう。

 

しかし、「理解できていない点」というのも曲者で、

 

書かれている意味が理解できないのか、用語がわからないのか、制度の趣旨がわからないのか、それこそパターンはいろいろあるから厄介です!

 

場合によっては、何が理解できていないのか自分でもよくわからないということもありえます。
また、最初はわからなくても、繰り返していく中で理解できていくこともよくあることです。

 

そこで、自分なりに基準をもっておくと、立ち止まるということは少なくなります。

 

例えば、

  • テキストに書かれている以上のことは深入りしない
  • 意味がわからない用語は用語集で調べる程度にする

などです。

 

実際、テキストにも書いていないようなことは知らなくても合否にはほとんど影響しないと思います。

 

具体的にこんな場合です。
労働基準法第24条には、
「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合・・・においては、通貨以外のもので支払・・・うことができる。」

 

という文言があります。

 

ここで、下線を引いた「法令若しくは労働協約」のところで、「法令とはどのような法令が対象になるのだろう」「労働協約とはどういう意味なのだろう。労使協定とはどう違うのだろう」という疑問が出たとします。

 

このなかで、「労働協約とはどういう意味なのか」を調べるまではよいのですが、「どのような法令が対象になるのだろう」というところまで調べ始めると、とても時間がかかりますから調べるのはヤメテおくということです。
(ちなみに、現在対象となる法令は存在していません)

 

社労士試験ではあまりに細かな知識を問われる問題が確かに出題されます。
合否を出さないといけないわけだから、かなりの難問も織り交ぜていかないと実力上位層が高得点続出してしまって選抜試験として成り立たなくなりますから。

 

次は、以下の内容 について説明します。

 

 矢印厚生年金や国民年金科目がよく理解できないときは?

 

矢印試験に合格する勉強法に戻る

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


page top