社労士 試験 内容

社労士試験の内容記事一覧

社労士試験の試験科目は以下のようになっています。労働基準法労働基準法は、労働組合法、労働関係調整法と合わせて労働三法のひとつとなっています。労働者を守るための法律で労働条件の最低基準を定めた法律です。この労働基準法は、社会保険労務士試験においては、大きな柱となる法律であり、逃れられない科目のひとつです。しかも非常に範囲が広く、勉強するのには最も時間を費やす科目となっています。さらに判例まで出題され...

行政書士試験と社労士試験の難易度比較社労士の仕事というのは行政書士と比較されることが多く、試験に関してもやはり比較されることが多いです。元々社労士と行政書士というのは同じでしたので、どうしても比較されてしまうんですね。行政書士であれば社労士になれた時代もあったので切っても切り離せない関係なのかもしれませんね。社労士というのは社会保険労務士のことをいいますが、試験の難易度としては社会保険労務士試験の...

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


page top