社労士通信講座 おすすめ 比較

おススメの社労士通信講座をランキング形式で比較

自分に合った通信講座を選ぶために

社労士試験のような難関試験に挑戦する場合、自分に学習環境に合った講座を選ぶことは大事なことです。

 

試験勉強に専念できる環境の方もいれば、仕事をしながらとか、家事の合間とか片手間に学習しなければならない環境の方など、さまざまでしょう。

 

また、社労士試験受験が初めての方と何度も受験されている方とでは、学習の進度も変わってきますから、それも判断材料になるでしょう。

 

さらに、予算との関わりもあるでしょう。

基本は独学だが、白書対策や法改正対策は単科の講座をオプションで選択するという方もいるでしょう。

 

このように、受験生の勉強環境やこっれまでの学習歴などで自分に合った社労士受験講座は違ってきて当然なんです。

 

でも、多くの受験生は何を基準に社労士講座を選んだらいいのかわからないため、安易に有名な受験予備校を選んでしまいがちなんですね。

 

このサイトでは、
自分に合った通信講座を見つけていただくために、

 

まずは、こちらの正しい社労士講座の選び方をご覧いただけると幸いです。

 

基本講座から直前対策講座などがセットになってボリューム満点の総合講座は魅力的ですが、逆にボリュームがありすぎて、時間のない受験生には向いていない、教材を絞りこまないといけない、などの判断が必要になってきたりします。

 

次に、
「価格帯別」・「口コミ情報」・「サポート体制」・「総合おすすめランキング」
で社労士通信講座をご紹介しています。

 

あなたの受験環境に合わせて判断いただければと思います。

 

社労士受験で通信講座を選ぶ意味を考えてみた

社会保険労務士の資格取得を目指す際には「通学」「通信」「独学」という選択肢があります。

 

この中で、独学のメリットは、なんと言ってもいつでも手軽に比較的安い価格で勉強できるという点にあります。
例えば社会保険労務士講座を通学で受ける場合には、振替はあるとは言いながら原則は決まった時間に決まった教室に向かわなければいけません。

 

しかし、社会人の方など、常に時間通りに資格学校にいくことはできません。
残業や出張もあるかもしれません。
また近年では24時間体制の仕事もあるので、一般的な生活パターンができない場合もあるでしょう。 

 

ただ一方で講義のCD・DVDはないですし、疑問点があっても誰かに聞く事ができず、時間をかけて答えを探すかあきらめるしかありません。

 

正直なところ、私は独学はとても効率の悪い勉強方法だと思います。

 

私も通信講座を受講して実際に実感したのですが、優秀な講義は受験生の実力を一気に山頂の中腹まで引き上げてくれる効果がありますので、その恩恵を受けれないのは痛いですね。

 

また、独学の場合は市販のテキストを使用することになります。
通信講座のテキストが市販されている場合もありますが、市販されたテキストは作成したから結構時間が経っているので情報として結構古い場合があるんですね。

 

じゃあ、市販されていない通信用・通学用のテキストが市販のテキストよりも無敵なのかというと、そうではないこともあるので、これが難しいところなんですけどね。でも、法改正があれば予備校の責任として改正情報を何らかの方法でアップしてくれるはずですから、市販のテキストだけで不安を抱えながら勉強するよりははるかにいいです。

 

通信・通学用のテキストでも本当に使えないテキストがありますから・・・。
実際に、自分の社労士試験受験1年目で選んだ通信講座のテキストは全く使えない代物でした。

 

さて、話を独学に戻しますが、独学でも分からない事柄についてネットで検索を掛けて調べることができると考える方もいるでしょう。
確かにそうした考えもありますが、年度ごとの法改正が繰り返される中で、ネットのどの情報が最新なのか見分ける事も非常に難しいです。いい加減な情報に自分の身を任せる7のは自分なら避けたいです。

 

あくまで、個人的なイメージではありますが、独学で社会保険労務士試験に合格を目指す場合は、通学や通信より3倍位の勉強量が必要ではないかと思います。

 

社労士試験の合格者で独学だけで合格した人の割合はかなり低いと思います。
正確な統計が存在しないのであくまで推測で申し訳ないのですが、おそらく合格者全体の1割か、せいぜい2割程度ではないでしょうか?

 

例えば宅建なら独学でも全然独学で行けると思います。
自分の経験からも宅建は独学でも大丈夫です。
通学や通信で合格する人もいますが、効率良く合格するなら通信通学もアリですが、独学でも行けるのかなと感じます。

 

じゃあ、司法試験とか司法書士試験に目を向けてみますと、独学合格はまずあり得ないでしょ!

 

このように、国家試験でも難易度が上がるほど、独学での合格は困難になってきます。
優秀な講義は受験生のレベルを一気に頂上の5合目あたりまで引き上げてくれるわけですから、費用は掛かっても講義付の通信講座・通学講座を受講される方が合格という面では近道だと思います。

 

ちなみに講義のない通信講座もありますが、独学にほぼ近い勉強法になるわけなので私としてはおススメできません。

一方、通学での社労士勉強はどうでしょうか?

通学講座の場合、直接講師に疑問点を聞く事ができますし、資格学校に入学すると電話やメールで質問を受け付けてくれるサポートサービスも多くあります。

 

一方、資格学校に通うには教室まで通学する必要がありますので、近隣に学校が無い場合には物理的に通学する事ができません。

 

また、これは通学講座に限ったことではありませんが、資格学校の講師も当たり外れがあって、テキストを読み上げているだけの講師も存在するようです。

 

比較的、社労士通信講座でしっかりしているところは、看板の講師がスタジオ収録で講義を配信してくれるので、講師の当たり外れはあまりないのかなと思います。

 

通学の利点は、講師にすぐ質問できるということ、受験仲間ができて励ましあいながら勉強できるというところ、自分の実力がどの程度なのか把握しやすい点、などでしょうか。

 

通信教育での勉強について

当サイトでは、社労士試験合格に「通信講座」という選択肢をおススメしています。

 

なぜ通信講座がおススメなのか?
社会保険労務士の資格はどのような職業の方が受験をしているのか、近年の統計を見ていると興味深いことが分かります。

 

まず受験者の中でもっとも多いのは会社員44%で、それ以外ではその他(自営業、個人事業など)21%、公務員7%となります。
仕事が無く受験に専念されている方は無職28%ほどしかおられませんので、7割以上の方が他に職を持っているということが分かります。

 

なぜ、他に仕事を持ちながら「社会保険労務士」の資格を得ようとするのか、これは職業上の必要に迫られるということもありますし、また転職やスキルアップなど様々な理由が考えられます。

 

いずれにせよ、仕事をしながらの受験勉強をするというのは大きな負担になりますね。

 

そうしたことを考えると、様々ある学習方法の中でもっとも効率良く学べる方法としては「通信講座がおススメ」であると言う事ができます。

 

通信講座の場合、やはり勉強時間が自由に取れるという点が大きなメリットですし、テキストも市販のものとは大きく異なり、毎年合格者を輩出している実績からより分かり易い内容へと毎年のように改定を続けています。

 

また、講義の内容を収録したDVDが付属している通信講座であれば、それはもう通学しているのとなんら変わることも無く、電話やメールでの質問を受け付けている通信講座であれば、通学の時間も不要、講義の時間に自分が合わせる必要もない、そんな通信講座がおススメであるといえます。

 

それ以外にも通信講座それぞれで特色あるおススメのサービスを展開していますので、ご自身のニーズと照らし合わせて講座を選択しましょう。

 

社会保険労務士の講座がある通信教育は何社もあって、それぞれで特徴あるコースが開設されていますのが、有名だから大手だからで選ぶのは避けた方が良いかと思います。

 

今の社労士通信講座では、テキストを配布するだけでなく、DVDが付いて講義の様子を見る事ができたり、インターネットを介して講義も視聴できます。
ここまでくれば、ほぼ通学しているのと手軽にスマホでどこでも勉強できます。

 

他には、通学講座と比較すると受験仲間がいないという点がありますが、今はネットで受講生同士の交流も感じられるようにもなりましたので、全く受講生同士の交流がないということでもなくなりました。

 

通信教育のデメリットとしては、通学講座のように決まった時間に勉強するわけではありませんので、自身の管理がしっかりとしていないといけません。

 

いつから勉強するか?

社労士試験は1年に1回ですから、どのタイミングで勉強を開始したらよいか迷う方も多いかもしれませんね。

 

本試験まで数カ月しかないという時期などでは、今講座を申し込んでもどうせ合格できないから無駄になると考える方も多いかもしれません。

 

これについては個々のタイミングもあるので決まった正解はありませんが、むやみに受験時期を先延ばしにしてしまう必要もないのかなと思います。

 

わたしとしては、いつ開始してもいいと考えています。
8月の本試験に向けて、もう3カ月しかないと思っても、次の年の本試験までを考えれば1年3カ月。
けっして、長い期間ではないかと思います。

 

よく半年以内の勉強期間で合格すると、「超短期合格」なんて言われることがあります。

 

でも、勉強だけしていればいいのか、仕事などをしながらなのかでも違ってきますね。
多くの通信講座は、不合格になってしまっても、次の年次の講座は割引されますから、講座費用が全く無駄になることも基本ありません。

 

 

 

社労士試験に通信講座で合格できた当サイト管理人が選んだおすすめの社労士通信講座をランキング形式で比較しています!

 

クレアール社労士講座(初学者から再受験組までおススメ)

クレアールのサイト

クレアールの社労士通信講座は、合格至上主義で講座を作っています。
満点を狙うのではなく、確実に合格できる実力を身に付けることに主眼を置いているんですね。
そのためには、出題可能性の高い問題を数多く解くことを意識しています。
特に、クレアールの講座のなかでも、問題演習中心の上級マスターコース確実に問題を正解できる実力が身に付くのでおススメです。

 

重要過去問攻略講座、答練マスター、ハイレベル答練という圧巻の問題量で問題を解く力がグングン伸びます。
この内容を仕上げることができれば限りなく合格に近づくでしょう。
また、クレアールに資料請求すると、驚くことがあります。

 

→クレアール社労士講座

スタディング社労士講座(初学者から再受験組までおススメ)

フォーサイトのサイト

スタディング社労士講座はIT時代に生まれた新しいスタイルの通信講座です。
後発組ながらすでに多くの社労士試験合格者を輩出しています。
その秘訣は、以下の3つの特徴です。

・圧倒的な価格の安さと質の両立・スマホで学習が完結できる

・過去問を徹底的に分析した講座

クレアールに似た戦略で「効率よく社労士試験に合格する」にフォーカスした教材を揃えています。

 

→スタンディング社労士講座

フォーサイト社労士講座(初学者におススメ)

フォーサイトのサイト

フォーサイトは資格受験業界では後発組ですが、社労士の通信講座は20万円超えが当たり前だった業界に低価格路線で参戦し、新しい通信講座の流れを作った先駆者です。
受講生数や合格者の数は意外なことに圧倒的にナンバーワン!
後発組でここまでシェアを伸ばした実力は侮れません。

 

フォーサイト社労士講座は低価格でも合格するための仕掛けもしっかりしています。
資料請求すると、色々なツールが手に入るので魅力的に感じる受験生は多いでしょうね。

 

→フォーサイト社労士講座

他の社労士講座スクールの評価

山川社労士講座

大原社労士講座
山川社労士予備校は、ほかの予備校にはない月額制という特殊なカリキュラムが特徴です。
月額制で好きな講座を自由に選んで受講できるので初学者から中上級者まで対応できる仕組みとなっているのです。

 

「社労士試験合格のための必ずマスターすべき項目に対応した講座(全225時間)をすべてマスターすれば必ず合格できる」という、とてもシンプルな合格への道を提示しています。

 

→ 山川社労士講座

大原の社労士通信講座

大原社労士講座
大原の社労士通信講座の特徴は、専任講師体制である点です。

質問回数は無制限なで、少しでもつまずいた箇所があれば、スピーディに解決することができます。

 

また、資格予備校としては知名度が高いので安心感があります。

 

過去問題集も過去11年間の問題が収録されていますから、過去問とオリジナル問題で1科目平均450問という十分な問題演習の量も確保できます。

 

→ 資格の大原 社労士講座

ユーキャン社労士通信講座

ユーキャン

CM効果で通信講座と言えばユーキャンというくらい、知名度が高い通信講座です。

そしてユーキャンが1番力を入れているのは「初心者にも分かりやすい」を意識してテキスト等を作成しています。

ただ、ユーキャン社労士講座には大きなマイナス点があります。

 

→ユーキャン社労士通信講座

LEC社労士講座

LEC

 様々な国家試験を取り扱うスクールで、法律系に強いスクールとして有名なLECです。資格受験業界ではトップクラスの大手資格スクールといえるでしょう。

 

LEC社労士講座の魅力は、講座のバリエーションが充実している事です。

基礎を固め、法律の改正を攻略するための集中講義、実践練習や模擬試験など合格するためのカリキュラムが充実しています。 

 

つまり、選択肢がいっぱいあるのです。これが逆にわかりにくく、どの講座を選べば良いか迷うことにもつながるのですが・・・。

 

→LEC社労士通信講座

LA(エル・エー)社労士通信講座

LA

LA社労士通信講座は通信講座専門のスクールになります。

 

まだ新しいスクールで聞いたことがない方も多いかもしれません、でも受講者は6000人を突破した今注目もスクールになります。

 

LAの1番の魅力は、受講料が最大半額戻ってくるというシステムです。さらに低価格路線で売りだしていて、一定のユーザーのニーズを掴んでいます。

 

→LA(エル・エー)社労士通信講座

TAC社労士通信講座

TACと言えば様々な種類の資格スクールとして、高い実績と歴史があるスクールです。
TACは、社労士受験スクールでは大手3校に入り講座の価格も高額な部類に入ります。
TAC社労士講座の1番の魅力は、講座の種類が豊富な事です。
社労士の資格だけで7つも講座があり、自分に合った講座を選んで受講出来ます。

 

TAC社労士講座の資料は社労士試験の概要から開業社労士の様子まで、社労士資格受験を目指す受験生向けに役立つ資料が満載です。
たとえ受講しなくても、できれば資料請求しておきたいスクールです。

 

→TAC社労士講座

メインメニュー

おすすめ社労士通信講座 ランキング記事一覧

自分に合った社労士講座を選ぶために社労士試験のような難関試験に挑戦する場合、自分に学習環境に合った講座を選ぶことは大事なことです。試験勉強に専念できる環境の方もいれば、仕事をしながらとか、家事の合間とか片手間に学習しなければならない環境の方など、さまざまでしょう。また、社労士試験受験が初めての方と何度も受験されている方とでは、学習の進度も変わってきますから、それも判断材料になるでしょう。さらに、予...

社労士試験に挑戦したいと思ったら、受講するかどうかは別として資料請求して受験に役立つ情報が手に入る社労士スクールをご紹介します。それは、フォーサイト、クレアール、TACの3社の資料になります。逆に、資料請求して最も残念だった予備校がLECです。社労士予備校に何校か資料請求して、それぞれ同じような内容の資料が多い中、それぞれ工夫して資料作りがされていたんですが、LECの資料の完成度の低さには正直驚き...

私はこのクレアール社労士の斉藤先生の通信講座で合格できたので、この学校にはやはり思い入れがありますし、合格した後になって色々な社労士講座をじっくり調べていくうちに、やはりクレアールを受けて良かったと素直に思えました。≪クレアールHPより画像引用≫ただし、もちろんすべての社労士講座を受講したわけではないので、クレアールを贔屓目に見てしまうことはまずご容赦下さい。数ある社労士通信講座の中で私がなぜクレ...

スタディング(旧 通勤講座)の社労士講座は2019年に開講したばかりの新しい通信講座です。新しいだけあって、IT時代に合う学習ツールを開発・アピールしています。後発組ながら多くの社労士試験合格者を輩出している勢いのある受験予備校といえるでしょう。スタディング社労士講座のサイトはこちら↓スタディング社労士講座スタディング社労士講座の特徴他の予備校に比べて際立つ特徴は、圧倒的な価格の安さスマホで学習が...

フォーサイト(初学者から上級者までおススメ)フォーサイトは、低価格戦略で注目される後発の資格スクールです。社会保険労務士以外に行政書士、中小企業診断士、宅建などの講座がある資格学校で、通信教育のみを手掛けています。≪フォーサイトHPより画像引用≫設置されている講座はおよそ9種類とそれほど多くはなく、業界では中堅に位置する学校です。ネットでの露出度は高いものの、フォーサイトって正直、一般的にはあまり...

社労士受験業界に20年以上注目し、その動向を追ってきました。そのなかで、山川社労士講座はちょっと変わった社労士講座です。山川社労士講座は、それなりに勉強は続けてきたけれど、合格ラインに手が届かない足踏みが続いている短期間で集中して一気に社労士合格をつかみ取りたい受験費用をあまりかけられないそんな社労士受験生に最もお勧めできる通信講座といえます。山川靖樹の社労士予備校はこれまで基本講座を完全無料配信...

CM効果で通信講座と言えばユーキャンというくらい、圧倒的に知名度が高い通信講座です。≪ユーキャンHPより画像引用≫合格者の人数もサイト情報からですと、10人に1人はユーキャン受講のようです。受講生の数NO.1はフォーサイトですが、ユーキャンはテレビCMや広告などで知名度が高く、教育訓練給付の申請数もフォーサイトに次いで多いことから推察すると、おそらくユーキャンの講座の受講生の数は資格学校の中でも多...

資格の大原は資格スクールとして有名な学校です。≪大原HPより画像引用≫大原といえば「一発合格主義」に力を入れています。なので、本試験で高得点を狙う学習スタイルではなく、合格基準・合格点を狙う勉強スタイルになっています。また、社労士専任の講師たちが過去問を分析した教材になっており、演習問題等の内容は本試験の的中率が80%とも言われています。よって大原は、合格するために必要な知識と解答力が身に付きやす...

様々な国家試験を取り扱うスクールで、法律系に強いスクールとして有名なLECです。≪LEC社労士講座HPより画像引用≫LEC社労士通信講座の一番の魅力は、講座の内容が充実している事です。基礎を固め、法律の改正を攻略するための集中講義、実践練習や模擬試験など合格するためのカリキュラムがとても充実していると思います。ただ充実している=内容量が多いということなので、これが通学制なら共に勉強する仲間と励まし...

LAは通信講座専門のスクールになります。2021年度はなぜか休止となっています。≪LA社労士通信講座HPより画像引用≫まだ新しいスクールで聞いたことがない方も多いかもしれません、でも受講者は早くも6000人を突破しているようで今注目のスクールになります。LA社労士通信講座の一番の魅力は、受講料が最大30%戻ってくるというシステムです。LA社労士通信講座を受講し合格、その後合格体験記等の書類を提出す...

TACと言えば様々な種類の資格スクールとして、高い実績と歴史があるスクールです。社労士受験スクールとしても、LEC、大原と並んで大手3校の一角を担う存在です。≪TACのHPより画像引用≫まずTACの1番の魅力は、講座の種類が豊富な事です。社労士の資格だけで7つも講座があり、自分に合った講座を選んで受講出来ます。例えば、初めて社労士の勉強をする方は「入門総合本科生」、あと1歩で合格を逃してしまった方...

【2021年向けの社労士対策講座の販売は終了しました】資格スクエアの社労士講座は、AIを駆使し「IT×脳科学」をフル活用した全く新しいオンライン資格講座です。運営会社はIT企業なので、勉強へのアプローチが特徴的なんですね。資格スクエアの社労士講座の特徴@スマホやPCで勉強することを前提資格スクエアの社労士講座は、最初からスマホやPCで勉強するように作られています。「動画を観ながら講義資料を読む」こ...

≪IDE社労士塾HPより画像引用≫IDE社労士塾は社労士受験に特化した予備校で通信教育にも力を入れた資格塾でしたが、何とコロナ禍の影響で業務が立ち行かなくなり残念ながら令和2年9月末をもって閉塾となってしまいました。IDE社労士塾の通信講座といえば、毎年すべて最新の講義を専用スタジオで録音して収録した講義を通信講座用に提供されていました。つまり、通学用講座の焼き増しではなく、通信生向けにちゃんと作...

ネオスタ社労士通信講座の魅力は、圧倒的な低価格・工夫された映像講義・スマホ学習法の3点です。知名度は大手予備校に比べ落ちますが、この3点がとても強力なので、多くの社労士受験生に根強い人気があるのでしょう。<注意>現在、サイトは閉鎖されています。以前も主催者が病気のため開講を中断していた時期がありましたので、現在は開講されていません。この講座はとてもお気に入りの講座で他にはない特徴をもった社労士通信...

当サイトのメインメニュー


効率的に合格する勉強法

通信講座の選び方

 女性の顔

社労士試験に合格するために必要な重要なポイントは大きく3つ。

1.テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
2.いかに勉強を継続するか
3.解答するにあたっての確率論を理解しているか

です。
この3点を含め重要なポイントを順に解説していきます。

≫詳細ページ



 案内女性の顔


どのような社労士通信講座が受験生にやさしい通信講座といえるでしょうか?

合格に必要な教材だけに絞り、受講生の負担も軽減したうえで、最短距離で試験に合格できるように工夫された社労士講座。

あなたに合った社労士講座の選び方をご紹介しています。

≫詳細ページ



オススメの通信講座

勉強法マニュアル

       案内女性の顔

効率よく社労士試験に合格するための講座は必ずしも知名度のある高額な講座ではありません。

社労士試験だけを扱っている資格スクール、通信講座だけの資格スクールなどでは受験生の合格を第一に考えられた講座が存在します。

10年以上の社労士受験業界を注目してきた管理人がオススメする通信講座をランキングでご紹介しています。

≫詳細ページ


   案内女性の顔

残念ながら多くの社労士受験生は、社労士試験の覚えるべき知識の量に圧倒され、知識を詰め込むことに専念してしまいがちです。

しかし、社労士試験に合格するための大事な視点を忘れてしまってはいないでしょうか。

大切なのは・・・


≫詳細ページ


page top